東京:杉並:飯田橋
CFP®・1級FP技能士・確定拠出年金アドバイザーの私がご相談をお受けします。

HOME > 会社案内 > ご相談

当社のプライバシーポリシーをご確認いただいた上でご入力ください。

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月



川島が担当させていただいている(既契約の)お客様各位


このホームページならびにニュースレターは、本来ご契約いただいている皆様に対しての、フォロー活動の一環として始めさせていただいたものです。
ご契約上のお問い合わせ、ご転勤・ご転職・ご結婚・ご出産・お子様の独立や住所変更など生活環境の変化、ご入院その他の保険給付に関すること、皆様のご意見・ご希望などどのようなことでもすぐにご連絡いただける窓口として、こちらをご活用ください。

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月





ご相談メニュー ご相談料金(税別) ご相談時間(目安)
ライフプランの
ご相談
ライフプラン
(生命保険・損害保険・住宅・老後・教育資金含む)
30,000円~ 4時間程度
保険のセカンドオピニオン
10,000円~ 2時間程度
セカンドライフ・年金 10,000円~ 2時間程度
相続対策 30,000円~  2時間程度
不動産の
ご相談 
住宅購入・住宅ローン 10,000円~ 2時間程度
不動産売却・買換え FP・税務相談
150,000円~ 2時間程度
不動産投資
その他 セミナー・講演・投資教育 50,000円~
出張費 距離・時間による
税務相談 要相談 2時間程度
各専門家の利用 実費
年間顧問料 60,000円~

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月


STEP1

申込み




◆ホームページからのお申込み
「相談申込み」に必要事項を入力して、「確認ページへ」ボタンを押した後
内容に誤りがなければ「送信する」ボタンを押してください。
※フォームを送信されただけでは、料金は発生しませんのでご安心ください。

◆電話でのお申込み
お名前、ご連絡先、簡単な相談内容を伺います。
初回の面談の日時、場所を協議させていただきます。

※個人情報の保護は遵守していますので、安心してご相談ください。
STEP2

初回面談日連絡



お客様のご希望する日時に添うよう初回面談日を設定させて頂き、ご連絡いたします。

面談場所は原則当社オフィスなります。
※それ以外をご希望の時(ホテルのラウンジ等)はご相談ください。
STEP3

初回面談
ヒアリング




お客様の夢、将来設計についてもお伺いさせていただきます。

ご相談に当たり、保険証券のコピー、住宅ローン返済予定表のコピーをご用意ください。
お客様のご相談内容の詳細についてお聞きし、現在の問題点と対応方法のご提案いたします。

※面談時間は1時間30分が目安です。
STEP4

プランのご提案



ヒアリング内容や各種条件をもとにプランを作成し、ご提案します。

普段聞き慣れない内容なども、噛みくだいてわかりやすくご説明しますのでご安心ください。
不明点がなくなるまで、一緒に内容を確認していきます。
STEP5

プラン実行支援




保険の加入手続きや、住宅ローンの申し込み、金融商品の購入手続きなど、
本格的なプランの実行が無事完了するようお手伝いします。

各種審査など、お困りのことがありましたらどんなことでもご相談ください。
親身になってサポートさせていただきます。
STEP6

アフターフォロー

ご縁を大切にお客様のより良い未来を心から願い、サポートさせて頂きます。
またご提案プランは一度作成して終わるものではありません。
お客さまの経済環境の変化や家族構成の変化などにより、定期的に見直す必要があります。

見直したい、環境が変化した等の場合はぜひ当社までご連絡ください。

iDeCo(イデコ)について

厚生労働省は、「個人型確定拠出年金」の普及を目的として、愛称を「iDeCo」と決定しました。
「iDeCoは、英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表しています。

また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」と言う特徴を捉えています。

公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。

加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い 掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

「iDeCo」効果もあり、個人型確定拠出年金の加入者は、2018年10月には100万人を超えました。

iDeCoに加入する際は、iDeCoを取り扱っている金融機関(運営管理機関)で
加入手続きをします。運営管理機関ごとに運用商品や手数料が異なります。
◇加入できる人
1.自営業者等
 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を
  免除されている方を除く)
 (国民年金第1号被保険者)
2.厚生年金保険の被保険者
(公務員や私学共済制度の加入者を含む。
  企業型年金加入者においては、企業型年金規約において
  個人型年金への加入が認められている方に限る。)
(国民年金2号被保険者)
3.専業主婦(夫)等
(国民年金第3号被保険者)
◇掛金の拠出
加入者個人が拠出(「iDeCo+」(イデコプラス・中小事業主掛金納付制度)を利用する場合は事業主も拠出可能)
◇拠出限度額
1.自営業者等
68,000円/月
※国民年金基金の掛金、または国民年金の付加保険料を
  納付している場合は、それらの額を控除した額

2.厚生年金保険の被保険者のうち
〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合
12,000円/月
〔2〕企業型年金のみを実施している場合
20,000円/月
〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を
 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く)
23,000円/月
〔4〕公務員、私学共済制度の加入者
12,000円/月

3.専業主婦(夫)等
23,000円/月


「誰に相談してよいのかわからなくて・・・」
そんなお悩み、お聞かせください。
「お金のお医者さん」として、ピッタリな処方せんをお出しします。